2年間、営業事務の仕事をしていました

私は、家具を販売する会社で、営業事務の仕事をしていました。

特殊な営業事務だったので、全国の営業の方のサポートという形で、営業の方がお客さんに見せるための資料作成をしていました。

営業事務の大変なところは、自分が営業の方に、わからないところを確認しようとしても、運転中だったりで、電話に出てもらえないことです。

こちらの確認が進まないと、自分の仕事が進められないので、焦る気持ちがあります。
営業の方は、事務所に帰ってきてくれれば会えるのですが、会えない地域の営業の方とは、顔を一度も合わせたことがないのに、電話で毎回やり取りをしないといけないので、なんだかコミュニケーションが取りづらいなと感じます。

営業事務の仕事は、最初は訳が分からず、何をするにもとても苦労をします。
ですが、だんだんと慣れてくると、営業の方と仲良くなり楽しく電話ができるようになったり、お客さんとのやり取りも、だんだんと慣れてくるので、続けることが大切だと思います。